保湿成分 働き 効果

保湿成分の水分保持の仕方

水分をサンドイッチ状に挟み込み逃がさない成分
セラミド
セラミドは表皮にある角質間脂肪の一種でとても高い保湿力を持ちます。水分を挟み込んでサンドイッチ上状の構造(ラメラ構造)をつくる性質があります。角質層に水分を閉じ込めて、保持します。

 

水溶性では無いので化粧水には配合しにくく、美容液に含まれていることが多いです。

 

スフィンゴ脂質
セラミド以外の角質細胞間脂質のことで、セラミドに近い成分ですが、保湿力は劣ります。

 

水分をたくさん含んで逃がさない成分
ヒアルロン酸
真皮にもあるゼリー状の物質です。保湿力が高く空気が乾燥していても水分を逃がしません。

 

コラーゲン
真皮にあり、肌の弾力を保つ働きをする繊維状の成分です。表皮の保湿力も保ちます。

 

エラスチン
コラーゲンと同じく真皮にあります。表皮の保湿力も保ちます。

 

* 一般的な化粧水に含まれるコラーゲンやヒアルロン酸は真皮には浸透しません。表皮の保湿成分として配合されています。
ヘパリン類似物質
血液の中にあるヘパリンがに水分保持力があることがわかり、類似の成分を保湿成分として応用されるようになりました。医療分野でも、保湿成分として使われています。

吸湿性のある成分

天然保湿因子(NMF)
角質細胞内にあります。アミノ酸、尿素、ピロリドンカルボン酸などいろいろな種類があります。保湿力はさほど強くないのですが、使用感がさらっとしていて、肌に馴染みやすいので化粧水に良く配合されています。

 

PG(プロピレングリコール)、グリセリン、1.3BG (プチレングリコール)
アルコールの一種です。いろいろな化粧品に配合されていますが、保湿力はさほど高くありません。

 

油分で水分を閉じ込める
クリームや乳液のベースとなります。

 

鉱物油
石油を生成して作られるオイルです。

 

植物油
ホホバオイル、オリーブオイル、アボカドオイル、椿油等植物から抽出した天然のオイルです。

 

動物油
ミンクオイル、スクワランオイル等、動物から抽出したオイルです。

 

流動パラフィン(ホワイトミネラルオイル)
石油から得られる炭化水素類の混合物です。

必要な成分を必要な場所に届ける サイエンスコスメ

肌の様々なトラブルに効果のある成分も、必要な場所に届かなければ効果は期待できません。表皮の保湿は化粧水や美容液に含まれる保湿成分で補うことはできますが、肌の保湿力を高めるためには保湿成分を真皮に届ける事が大切です。

 

ビーグレンのサイエンスコスメはケラー博士が開発した、医療レベルの浸透テクノロジーを使って、肌トラブルのもとに必要な成分を確実に届けます。ヒアルロン酸やコラーゲンも真皮層に届けます。

 

保湿の前に、スキンケアの基本である洗顔も重要ですが、ビーグレンのクレイクレンジングは肌に優しく、汚れは吸着できっちり落とし、肌に潤いも残します。

 

論より証拠。トライアルセットがあるので、その使用感、効果を試して欲しいです。使ってすぐに効果を実感できた、初めてのスキンケア化粧品です。

 

細胞を若返りさせ、ターンオーバーをもとに戻して肌トラブルを解消し、肌の若返りをてにいれましょう!
ビーグレンの保湿ケア浸透テクノロジーで若返り