保湿 成分

保湿力の低下と肌トラブル

肌の保湿に重要な役割を果たしているのが表皮にる角質層です。0.02mm ほどの層に約20%もの水分を保持しています。

 

健康な角質層は高い保湿力を持つ、ラメラ構造で水分を保持したり肌のバリア機能を保っています。セラミドが減少するとこの構造が崩れ、水分が不足したり、バリアがくずれたりします。この結果、様々な肌トラブルが引き起こされるのです

 

*ラメラ構造
 角質細胞間脂質(セラミド)は水分をサンドイッチ状に挟み込む性質をもっています。角質細胞をつなぎ水分や肌のバリア機能を保持したりしています。これがラメラ構造です。

 

セラミドは肌の潤いに欠かせない成分ですが、身体の中のセラミドは加齢で減少してしまいますので、スキンケア化粧品でセラミドやヒアルロン酸等の保湿成分を補い、保湿力を高めることが若返りのスキンケアのポイントと言って良いでしょう。

 

肌の表面に化粧水をたくさんつけても、肌に保湿力がなければ水分は蒸発してしまいます。(通常、化粧水に含まれるヒアルロン酸は真皮まで浸透しません。保湿成分として配合されています)

 

【乾燥】
角質層内の水分量が20%以下になった状態が乾燥肌です。角質層が厚くなります。肌バリアを修復しようと、ターンオーバーがはやくなるため、未熟な表皮細胞がどんどん作られて、さらに肌のバリア機能が失われてしまうのです。

肌の構造

ラメラ構造が崩れ、角質層が不安定になって、バリア機能が低下、外からの刺激を受けやすくなり、もともと合った水分も逃げやすいので益々乾燥してしまいます。

 

ターンオーバーの加速で未熟な角質細胞が肌を覆うため、肌が粉を吹いたようにカサカサしたり、化粧水がしみたりするのです。肌が保湿力を失うと、様々な肌トラブルの悪循環になってしまいます。

 

ラメラ構造を回復し、肌の保湿力を高めるためのスキンケア、が若返りのポイントです!

インナードライ

皮脂の分泌は多いのだけれど、肌に水分が足りないのがインナードライ。加齢や外的原因でセラミドが減少し、ラメラ構造が崩れて角質層の保湿機能が低下し、肌の水分が不足すると、水分の蒸発を防ごうと皮脂の分泌が増え、開いた毛穴に皮脂がつまって黒ずみやニキビの原因となります。

ターンオーバーの仕組み

肌のバリア機能が低下してしまった角質層を補修しようとして、新しい細胞が次々と作られ、角質層へ押し上げられるので、ターンオーバーのサイクルが早まり、未熟な細胞が角質層を覆う事になってしまうので肌のバリア機能がさらに低下する悪循環に陥ります。

 

角質細胞の再生が十分な時間をかけて行われれば、水分保持能力が高く、きれいな角質を育てられるのでインナードライ肌にはなりません。優しい洗顔と正常なターンオーバーがポイントといえるでしょう。

 

インナードライ肌は混合肌や脂性肌と見分けがつきにくく、肌タイプを勘違いしがちです。Tゾーンは油っぽいのですが、目元、ほほは乾燥しています。インナードライかどうかを見分ける簡単な方法があります。

 

普通に洗顔し、その後何もつけずに20分。肌の状態をチェックしましょう。ベタつくのだけれど、つっぱるようなら、インナードライ肌の可能性が高いです。表皮の保湿も大切ですが、細胞の保湿力を高め、体の中から水分を補うことも大切です。

 

のどが渇かなくても、体が脱水症状を起こしています。こまめな水分補給も心掛けるようにしましょう。

代表的な保湿成分

セラミド
セラミドは肌の保湿成分で最も保湿力が高く、セラミド配合の化粧品で、肌の乾燥は大抵の場合解消されるのですが、価格が高めなのが難点です。化粧品は全成分表示ですので、わずかでもセラミドが配合されていれば、「セラミド配合」とすることが出来ます。

 

このため、ある程度の価格のものを選ばないと、セラミドが少なく、効果を得ることが出来ない場合もありますので注意して選んで下さい。「セラミド○○」と後ろに文字がある場合、類似品の可能性もあります。「セラミド1」のように数字であれば、本物です

 

ヒアルロン酸
もともとは鶏のトサカから抽出された成分で、効果な美肌成分として知られていました。現在はバイオ技術で人工的に作り出すことができるようになり、様々なスキンケア化粧品に配合されています。

 

粘着性があって、肌への馴染みもセラミド程良くないのですが、セラミドより安価で、保湿力もそこそこ高いので日常的に使う保湿成分として人気があります。

年齢が上がるほど、保湿成分を補って乾燥を防ぐスキンケアが重要記事一覧

ビーグレンの浸透するコスメ、トライアルで若返り
水分をサンドイッチ状に挟み込み逃がさない成分セラミドセラミドは表皮にある角質間脂肪の一種でとても高い保湿力を持ちます。水分を挟み込んでサンドイッチ上状の構造(ラメラ構造)をつくる性質があります。角質層に水分を閉じ込めて、保持します。水溶性では無いので化粧水には配合しにくく、美容液に含まれていることが多いです。スフィンゴ脂質セラミド以外の角質細胞間脂質のことで、セラミドに近い成分ですが、保湿力は劣り...